GMOリサーチシステム部が考えるエンジニアのカジュアル面談とは?

GMOリサーチシステム部が考えるエンジニアのカジュアル面談とは?

みなさんこんにちは!技術広報の中村です!

はじめに―

カジュアル面談とは一般的に就職や転職の選考前に、求職者と企業の担当者がカジュアルかつフランクに、情報交換を行えるコミュニケーションの場のことです。

とは言うものの、その定義は会社によって違いがあり、更に応募者によっても捉え方が違うのが現状です。

例えば、認識の違いとして最も多いのが

カジュアル面談のつもりが面接と思われている

これは、企業側と応募者側ともに考えられる事象です。

その認識のギャップを無くし、カジュアル面談を応募者と企業側にとってより有意義な時間にしたい!!

ということで今回は、GMOリサーチシステム部が考えるエンジニアのカジュアル面談の定義を紹介します!

※この記事はシステム部の考えるエンジニアのカジュアル面談です。他ポジションは別途お問い合わせください。

GMOリサーチシステム部の考えるカジュアル面談の定義

合否関係なし

フランクな情報交換、互いのミスマッチを無くす場

リラックスして何でも話せる場

合否関係なし

前提として、GMOリサーチシステム部のカジュアル面談は、選考の合否には一切関係しません。

面接ではなく面談であるため、フラットな対話と思っていただけるといいかと思います。選考ではないため、どのような人が働いているのかや、リアルな現場の雰囲気を知ることができます。

システム部のカジュアル面談では、役職の有無や入社年月に関係なく、パートナーの誰もがカジュアル面談に参加できる体制にしております。そのため、応募者の方の経歴や聞きたい内容に応じて、その時に合ったパートナーに参加していただいております。

※GMOリサーチでは、社員のことを「パートナー、仲間」と呼んでいます。

フランクな情報交換、互いのミスマッチを無くす場

「HPなどで調べてみたけど、GMOリサーチのことがよく分からない。深く分かっていなくてもカジュアル面談に応募していいの?」

この質問の回答は「YES」です。リサーチ業界って何?という方や、GMOリサーチのサービスって何なの?という状態でも大丈夫です。

CTOからすると「知らないのが普通だと思う」とのことでした!

「ぶっちゃけどうなの?」という質問も大歓迎です。

【質問例】

  • GMOリサーチの事業内容・サービス詳細
  • 技術スタック、システム運用・開発について
  • GMOリサーチのカルチャー、システム部内チーム編成について
  • 技術話や趣味の話

などなど、何でも気軽に情報交換できる場としております。

リラックスして何でも話せる場

リラックスした状態でカジュアルに対話することを目的としているので、システム部のカジュアル面談は、スーツは原則NGとしています。

スーツはきっちりとして見えるため、社会人としてはプラスのイメージに繋がるかもしれませんが、少し堅苦しいイメージを持ってしまうのは私だけではないと思います。

なので、本当にいつも通りの私服で面談に臨んでください。柄付きTシャツでも、ジーパンでも何でも大丈夫です。これもカジュアル面談の良さです!もちろん髪色、髪型もです!

現にCTOやパートナーも含め、システム部にはスーツを着ている人はいません。笑

(日本人は、こう言われても当たり障りの無い服装を着てしまいがちですが、GMOリサーチはグローバル企業です。だからこそ、より自分らしさを見せた方が好印象だと思います!!!)

何でも話せる場なので、技術の話に限らず、各パートナーの経歴や休日の過ごし方など、少しでも気になることや、話したいことがあれば何でも聞いて見てください!

カジュアル面談体験談

私は実際に、カジュアル面談を経てGMOリサーチへの入社に至りました。

今回はカジュアル面談を実際に行った私からみなさんに、体験談とアドバイスをお話したいと思います。

当時の自分を振り返った反省点

その1:もっと素を出していい

当時、私もカジュアル面談の定義が分からず、髪をしっかりと結び、無難な服を着て面談に臨んだことを覚えています。普段は明るい色の服を着て、髪を下ろしているのが自然体の私なので、とても勿体ないことをしたなと未だに思います。面接時も固く構えすぎて「新卒かと思った」と言われたことも覚えています。(結果オーライかもしれませんが、これは最も悪い例です。笑)

その2:何でも質問するべき

面談を受ける前に、GMOリサーチのことを理解しようと必死に調べましたが、全くわからなかったのが正直な感想です。笑

そこで面談時に会社説明をしてもらったのですが、それも分からず、理解できたフリをしていました。。。笑

自分自身の将来働く場所になるかもしれないことを考えたら、不明点は必ず聞くべきだったと反省しました。結果的に私は幸運にも現在の仕事に満足していますが、エンジニアは特に扱える技術などが変わってくると思うので、詳細を質問した方がご自身の為かと思います!

カジュアル面談で覚えていること

私は偶然にもCTOと卒業大学、学部が共に一緒でした。その共通点から、面談時間はほぼ大学時代の話をしたことしか覚えていません。笑

面談が終わった後、「そんなに構えなくて良かったやん」と心の底から思いました。

(CTOによると面談中どのような話をするかや、着眼点は応募者のキャラクターにより違うそうです)

エンジニアの中にはベトナムからカジュアル面談を受けた方もおり、コロナ禍の過ごし方や、食生活を心配されたそうです。システム部の面談はカジュアル中のカジュアルだなと改めて思います。笑

システム部が考えるカジュアル面談後の対応

皆さんはカジュアル面談後の対応に困ったことはありませんか?

「絶対に選考に応募しなければならないのか」、「面談後のアクションは何が正しいのか」、「面談後いつまでにどちらの方から連絡しないといけないのか」・・・

等のように、面談後の対応がわからない!という方は多いと思います。

まず、最初に記載してある通り、システム部のカジュアル面談は面接とは違うため、弊社から合否を出すことはありません。

なので、面談を経てGMOリサーチに興味を持って下さった場合は、弊社のエンジニア採用担当者に連絡していただけると幸いです。対応に困った際でも、気軽にご相談ください!

おまけ

~CTOからのコメント~

当社の面接(システム部門に限る)とカジュアル面談の違いは、合否の有無だけです。なので、通常の面接であっても、なるべくフラットな姿勢で臨んで頂きたいですし、極力リクルートスーツではなく普段着でお会いしたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

~事前に見ておくと良いかも編~

熟読必須ではないので、ここは興味のある方だけに見ていただければと思い記載しております。カジュアル面談の時間を有意義に過ごしていただけるよう、私から事前に見ておくと良いおススメのサイトや記事を紹介します!

1.人事ポリシー

2.Wantedly募集記事ストーリー記事(働く仲間やイベントについて紹介しております)

3.テックブログ

4.GMOリサーチHP(採用プロモーション動画、会社説明資料など)

これらに目を通し、気になった情報等があれば気軽に質問してください。たくさんのカジュアル面談のご応募お待ちしております!

前の記事
«
次の記事
»

カルチャーカテゴリの最新記事